アォ!ボタン

2006年05月07日

[パンドラ]上山和樹さんについて(2)。

事情により削除します。ご迷惑をかけたかたがたにお詫びします。


posted by ちるる at 19:50| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[DV]連休どころでない男性被害者さん。

DV被害者であった「いなばのしろうさぎ」さんの掲示板でお見かけしたサンドバッグさん。女性だったらこんな扱い受けないのにな、と女性被害者の掲示板でも浮いていた。とても気の毒だった。

サンドバッグさんのブログは「普通の結婚生活が分からなかった-男版」で、読めば分かりますがこの方は奥さんに振り回されて連休どころではない。奥さんは境界例だそうですが、境界例って病名出しただけで相手にしてもらえないことがあります。病院に。ここまで重かったら、厳しいのではないか。救急電話で「うちはそういう差別してない」と言い張るスタッフがいましたが、きれいごと言うんじゃねえよバカヤロウ(ビートたけし風)、ですね。

当然ながら、こういう記録は離婚が調停なんかに行ったときに証拠になります。

ブログは混迷してそうなので、

コメントは参照だけにしてます。

・BPDを支える視点

・被害者の視点

・ジェンダー論争

・実社会での状況

乗越える山は腐るほど有りますね。

もし相手に成らない様であれば今後スルーして下さい。

Posted by サンドバック at 2006年05月01日 11:20

お返事書いたら反映されなかったので、目立つようにここに書いておきます。

サンドバッグさん、こんにちは。

BPDですけど、個人的にはあそこまで行くと支えるのは無理だろう、と思います。振り回されてどうにもならなくなってますよね。

DVはジェンダーの問題だとは思ってません。自己愛の問題だと。こころの治療は怖くないっ☆というサイトの管理人さん(精神科医)がメルマガ出していらっしゃいますので、読んでみてください。

http://nishima.org/

この方もモラハラ被害者です。

被害者の視点、かー。別居してから抜け出すのに3年かかりましたよ。わたしの場合(そういう意味でしょうか?)。

子供さんがいなければ、「いますぐ逃げろー」と言いたいところですけど。弁護士会に「犯罪被害者救済制度」ということで相談してみてください。親権は奥さんがえらく不利な気がします。

奥さんがきっかけで発症してますよね。親御さんも。なおサンドバッグさんが有利なはず(労災なんかもそうなんですけど)。机の上に「男の電話相談」って本がありますが、ぱらぱらめくってみたら男性被害者についての記述はないようです。

posted by ちるる at 06:10| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

[DV]そういや加害者女性更正プログラムって。

サンドバッグさんとこのブログや、Bruckner05さんのところを見て思ったのですが(しつこいようですが、DVにされてしまう=冤罪というのは妻側が加害者のDVです)、加害者女性の更正プログラムってないよなと。

男女共生って言うなら、それもやればいいのに。っていっても男性被害者が表に出てきづらい状況で、相談電話もこの体たらくですからそっちまで気が回らないでしょうけれど。マスコミはまだ女性が身体的暴力を振るわれる、というお決まりの話しかやってませんし。

(ちなみに、精神的DV被害者と自分では言ってますが、身体的なものでも、あざが出ない程度に押さえつけられて逃がしてもらえない、という類のものなら受けています。あざがつく=法的にまずいということをちゃんと分かってやっていたのですね)

いろんな意味で、今は望んでも自分の子供は持てませんから、自分の子供の世話をしない母っていうのが理解に苦しみます。そういう母親は記録がちゃんとあれば(たとえブログでも)親権は不利なはず。で、どうやって更正してもらうかというと、自覚のない男性加害者と同じく難しいだろうなー。税金無駄にして終わりって気がする。

posted by ちるる at 18:11| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

[DV]まだ勘違いしてる人たち。

http://plaza.rakuten.co.jp/mizuhonet/diary/200603220000/
あなた方の言う冤罪=DVです。アホか。



精神的DVの被害者です。 chiruruさん
http://felineferret.seesaa.net/

男性被害者(アメリカでの話含む)も含めたお話をカテゴリ一部で展開しております。分からないのなら、本を読むなりなんだりなさればいいのに。典型的な勘違いをなさってますね。まずはDV法を正しく読み込んでみてください。

ついでながら、わたしはフェミではありません。被害者の中には(モラハラ含む)フェミと勘違いされることをひどく嫌がる方がいます。わたしもそうですが、それについて本を読んだので、調子がよくなり次第、アップします。
(Apr 25, 2006 08:48:45 PM)
返事を書く

○ 自称「精神的DVの被害者」さんへ Bruckner05さん
chiruruさん

本を読めだのブログを見ろだの押し付けがましいですね。これだけでもおたくの人間性が伺われます。

>典型的な勘違いをなさってますね。

勘違いというなら、まずどこがどう勘違いなのか、相手に伝わるように自分の意見を述べるべきでしょう。匿名どうしとはいえ、他人にものをいう以上、最低限のマナーです。

>まずはDV法を正しく読み込んでみてください。

余計なお世話です。

>ついでながら、わたしはフェミではありません。

おたくがフェミであろうとなかろうと小生には関係ないこと。またおたくが何者であるかは、おたくが書いたものを読んで、読者が判断するのです。押し売りまがいの自己PRは止めるんですね。(Apr 29, 2006 04:20:58 PM)
返事を書く

○ Re:自称「精神的DVの被害者」さんへ(03/22) 体育協会(macskaに惚れ込まれた漢)さん
Bruckner05さん
>chiruruさんのブログを一讀しましたが、
どうやら精神障害者のようです。
精神障害者手帳を持ってると日記に書いてありました(2006年04月25日の記事より)。

この手合いは放置するのが一番だと思います
(感情的になると何を仕出かすか分かりませんから)。(Apr 29, 2006 05:31:12 PM)
返事を書く

○ 「精神的DVの被害者」さんへ(03/22) chiruruさん
>chiruruさんのブログを一讀しましたが、
>どうやら精神障害者のようです。

そのとおりですが、手帳はまだいただいておりません。そのとおりです。何か?キチガイだと言いたいのでしょうか?

>精神障害者手帳を持ってると日記に書いてありました(2006年04月25日の記事より)。

書いておりません。まだ届いておりません。
>精神障害者手帳を待っている身
と書いたのですが。誤読では?

DV法に関しては、「被害者は多くの場合女性であり」と書かれているのですよ。わたしは自サイトで、男性向け窓口をすべて調べてアップしてます。男性向け窓口も作れと何回も書いてますし相談窓口に働きかけもしてます。

>この手合いは放置するのが一番だと思います
>(感情的になると何を仕出かすか分かりませんから)。

感情のコントロールはできますので、あなた方ほどではないと思います。これで失礼します。お望み通りに度(原文ママ)と来ません。(Apr 29, 2006 11:48:35 PM)
返事を書く


処置なし。わたしは、DVにあうまでは何とか働いて人並みとはいえないまでも給料をもらっていたのですよね。障害者でもなかったんですよね。それを上の人たちに言っても無駄でしょうね。わたしの持論は、「病識のないものほど危ない」(追記:いわゆる健常者のうち、自分が「おかしい」と思わないものほど実際は医者に行ったほうがいい)です。

続き読む?

posted by ちるる at 00:01| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

[パンドラ]上山和樹さんについて(1)。

事情により削除します。ご迷惑をかけたかたがたにお詫びします。
posted by ちるる at 08:18| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

[パンドラ]進入禁止。

DSC06534.JPG

書いてて悲しくなるメールや読んでて悲しくなるサイト。いまだにわたしの頭の中を回る「非公式ルートで思想動向を調べさせてもらいました」の言葉(北陸の人だったのだな)。でもね、悪いけど病名をはっきり出さないのは卑怯だと思う<ある方へ。わたしが「境界例」とカミングアウトしているのはあなたへのアンチナーゼです。

別の人にメールを書いた後で思った。人格障害者が嫌いなのなら、はっきり言えばいいのに。いなくなれ、死ねばいいのに、って。それなら関係書読まなきゃいいのに。まあ、人それぞれの意見があって当たり前、ってことは離婚してイヤというほど感じたことだったのだけど。

やっと、見たくもない名前が書かれた免許証とおさらばできた。疲れた。すごく。入ってくるな。わたしの中に入ってくるな。

posted by ちるる at 00:35| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

[DV]また勘違いしている人たち。

管理人、昨日動きすぎて今日10時間近く寝込んでいたのですが、あんまりなサイトがあったので誘導しました。しつこいですがわたしはフェミではありません。ですが人格をずたずたにされて、3年たってもまともな生活が難しく、精神障害者手帳を待っている身に取っては頭にくる内容でした。事実、読んでて物理的にめまいしたもの。

どこにコメントつけられるか分かりませんので、このカテゴリ「パンドラノハコ」を全部読んでから文句をどうぞあなたがたが「冤罪」と呼んでいるのは男女を逆にした立派なDVです。もうね、いいかげんにせいよ。

posted by ちるる at 21:03| 富山 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

[DV]Skypeを上手に使いましょう。

スカイプは上手に使うと電話代節約できるし、外国語ができる人だったらいろんな国の人と情報交換ができて楽しいものですが、DVの被害者の場合気をつけることがあります。日本人男性の場合あまりないことと思いますが、女性の場合ナンパが多いこと。対策としては、プロフィールに

No Picking Up.と書いておく。なんかうるさく言って来たら、"Have you read my profile?" "I'm not looking for boyfriends".と言ってあとは放置しましょう。大体これで引き下がります。あと、うかつに写真を見せないこと。200円くらいでかわいいアバターのようなものが作れるサービスもありますから、そっちを使ったほうがいいです。

ダウンロードはこちらから。ソフトは無料です。クレジットカード、ペイパル、マネーブッカーズ(あとの2つは海外の決済システム。仕事で使おうとして苦労してます)で決済。1500円で国際電話10時間分です。ユーザー同士だと無料です。相談電話もこれでつながります。+81 000 000000のように半角で入力してください。市外局番の最初の0は省くこと。なので、たとえば03-1234-5678だったら +81 3 12345678のような感じ。

英語が出て困ったら、右下のほうに「日本語」と出ているのでそっちをクリックしましょう。スカイプやメッセンジャー用のヘッドセットはいろいろ出回っているのですが、わたしは今のところ音声のみ。ビデオカメラはうちの近所で3000円台です。マイクは1000円台からです。

最近マイクを壊したので、新たに買ったのががこれ。1400円くらいでした。楽天のジョーシンへ飛びます。なんかちゃんと仕事が入ったらビデオ買うね、とネット友達には説明してます。最安で1200円くらいの店もありますね。楽天でのお買い物には中毒性がありますからご利用は計画的に。

サンワサプライ ヘッドセット【税込】 MM-HS305NC [MMHS305NC]

ビデオつきで3000円台というのもあります。こっちはサンワダイレクト。

【アウトレット】携帯&PC用ハンズフリーホン TEL-MHF310PC_O【送料無料】
ありゃ、在庫なしか。在庫は言えば出るかもしれませんが、まあ参考ですので。

posted by ちるる at 01:20| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

[DV]男性被害者向け相談窓口。

富山県のDV被害者支援団体、女綱(なづな)さんからの情報を確認取りました。掲示板のやり取りを全文引用します。
-----------------------
書き込みありがとうございます。
男性被害者から相談があった場合には、電話相談・メール相談とも対応しています。
なお、あくまでも私の個人的な想いですが、「男性相談」という看板をかかげている所の方が、ご本人にとっては話しやすいかもしれません。(恐怖心、説明する負担、男性相談員の場合同性の話しやすさetc.)

以下に、以前、みちこさんが教えてくださった情報を記載します。
申し訳ありませんが、最新情報ではありませんので、変更の有無など確認されると良いかと思います。m(__)m(石川県にもあると聞いています)

【公的機関の男性相談】

栃木県男女共同参画センター パルティ
http://www.parti.jp/
男性相談(電話相談のみ)
男性の生き方について男性相談員が相談をお受けします。
毎月第1・3水曜日 18:00〜20:00
相談専用電話 028−665−7714

東京ウィメンズプラザ
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/consult.html#01
男性相談
パートナーとの向き合い方がわからない。男らしさを求められたらとても辛い。生き方、セクシャリティーの悩み、夫婦・子どもの問題、職場や地域の人間関係、セクハラやDVなど暴力の問題など、男性の抱えるさまざまな悩みに男性相談専門の相談員が対応します。お電話ください。
毎週月曜日・水曜日 17:00〜20:00
03−3400−5313

兵庫県男女共同参画センター
http://web.pref.hyogo.jp/even/soudanguide.htm#06
男性問題相談(電話相談のみ)
臨床心理士の資格を持つ、経験豊かな男性相談員が、男女共同参画社会実現に向けて、性別役割分担意識にとらわれない、男性の新しいライフスタイルづくりを支援するために電話による相談に応じます。家庭問題、職場での人間関係などで悩んでいる男性や、新しい生き方を模索している男性のための相談室です。
原則として毎月第3火曜日(祝日・年末年始を除く) 時間 17:00〜20:00
078−360−8553

三重県男女共同参画センター フレンテみえ
http://www3.center-mie.or.jp/center/woman/soudan/index.html
男性のための相談(電話相談)(予約不要) 
人間関係・夫婦・家族・職場・性など、男性が抱える問題について、男性の相談員が相談をお受けします。
毎月第4土曜日 10:00〜12:00
059−233−1134

鳥取県男女共同参画センター よりん彩
http://www.pref.tottori.jp/yorinsai/so-dan.htm
男性相談(電話相談・面接相談)(予約が必要)
男らしさにとらわれ、仕事や家族関係などにお悩みではありませんか。男性カウンセラーが心の問題を解決するためのお手伝いをします。臨床心理士の資格を持つ男性カウンセラーが、電話・面接による相談をお受けします。
毎月第1土曜日 15:00〜18:00
0858−23−3939
追加情報:一人一時間。

徳島市女性センター
カウンセリング相談 男性対象 電話・面接(予約が必要)
予約状況によっては当日の予約もできます。
毎月第2水曜日 18:00〜20:00
変更;毎日10:00-18:00 女性相談員が話を聞きます。 
088−624−2611(代表電話番号)

高知県男女共同参画センター ソーレ
男性相談(予約優先、当日受付可)
男性の悩みや、不安、ストレスなどについて、産業・心理カウンセラーが面接相談。追加情報:カウンセラーは男性。
毎月第1火曜日 18:00〜20:00
相談専用電話 088−873−9555
----------------------
千葉県では、火曜日の午後5時から9時まで、「DVに悩む男性」を対象に電話相談を行っています。(平成17年4月12日から)
電話番号 043−224−4821
追加情報:毎週火曜日17:00〜21:00
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/b_dankyou/main/dv/dannsei/sodan.html
-------------------

高知のセンターで、大阪にも窓口があると聞いて追加情報を待っております。金沢はまた聞いておきます。以上です。

(追記)すぐに高知から連絡が来ました。
大阪市 男性相談
  毎週金曜日 19:00--21:00
場所   大阪市男女共同参画センター 北部館
  Tel 06-6815-7405

なお、ここから本が出てます。
「男の電話相談」 2006年 かもがわ出版 630円
amazonにあります。この値段なら、と注文しました。友達にもらったギフト券、もったいなくて使えんわ。

男の電話相談

2006年04月12日

[パンドラ]何しに生まれてきたの。

親が勝手に気持ちよくなってセックスしてできたんでしょうが。種が。親だとかえらそーに言うんじゃねえよ、という言葉を飲み込み続けて何回になるだろう。

トリガは「弁護士でも出せば」とまで言い放ったジャックスの金沢支社だ(しかもカードが家族カードなので親にしか事情を話せないということで、事実関係が全く不明)。お言葉に甘えてもう弁護士は手配したが、わたしはもう親を親と思いたくない。妹を妹と思いたくない。

都合がつき次第、わたしは家族を捨てるかもしれない。

昨年8月の記録より。「DVは犯罪だといったら母に本気で驚かれ、ウツになった」。何も状況は変わっていない。医師は「おかしな気を起こさないように」と電話で言った。ええしませんとも。でも、二度と目がさめなければどんなにいいだろう。こんなときは、涙も出てこない。

ちなみに、精神的DV被害者の逃げ場はない。シェルターもない。そして、肉体的暴力の場合も、シェルターを出た後の追跡調査はされていないと聞いた。そんなものだ。世の中なんて。

車は確保しておこう、と真剣に思っている。

posted by ちるる at 18:58| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

[パンドラ]32条について。

医者でもらってきた通知をとってありますので、多少文体を変えて出します。医者を特定されたくないので。

通院公費負担患者票(32条)をご利用の皆様へ

平成18年4月より、精神障害者通院医療費公費負担制度が、自立支援医療として再編されます。

自立支援医療では、自己負担は原則として一律1割負担となっていますが、所得に応じ負担額に上限が設定されます。

現在公費負担をご利用の方は、制度再編のため、新しい申請書を各都道府県に提出することになりますので、3月末までに窓口までお申し出くださいませ。ご協力をお願いします。

太字はもともと赤字になっていました。わたしは何とか1割の枠に入ったようですが、入れなかった人はにしまーさんのところで書かれてあるように、病院にこられなくなるわけです。

posted by ちるる at 10:56| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

[精神的DV]そしてDVは、

家庭を破壊してゆくのであった。今日も、風邪が回復していない母の咳き込む声が聞こえる。父も寝込んでいる。

熟年世代にとって、いや経験のない若い世代でも精神的DVを想像するのは難しいらしい。なのでわたしは家族から孤立していることがある。何を説明してもダメ。医師が間に入っても無理。具体的には、年末のごたごた(はっきり言っちゃうと、警察に通報するなどの脅し)で壊れたわたしの金銭感覚に関する問題。

そして、わたしは「ここではないどこか」に逃げられたらどんなにいいだろうと頓服を飲みながら考えるのだった。5時間我慢しろ、と思いながら。行けるかどうか分からない苗場に思いをはせながら。夕べ、そうやって何とか乗り切った。

頓服なくなっちゃったのでもらわなきゃ。

posted by ちるる at 06:55| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

[精神的DV]富山県の相談窓口。

疲れた原因はこれです。

◎サンフォルテ 
火―土 9:30〜16:00 076-432-6611
「共生センター」なので、男性の悩みにも対応しています。

◎女綱
http://www.geocities.jp/naduna2000/
月(日祭対応)10:00〜15:00 076-491-1081
男性対応ができているか問い合わせ中。

◎女性相談センター
男性でもOKです。
月〜金 9:30〜16:30
精神的DVの場合、これくらいの時間が望ましい。夜は配偶者暴力何たらになり、精神的な被害者は相手にしてもらえないと思ったほうがよい。

◎富山県警 女性110番
この人たちに言いたいことはたくさんあるので別エントリを立てる予定ですが、DVに関して言えば、精神的DVには対応できてません。ここでも面倒くさいですが、県に続いて実名で話をしておきました。職質ですか。ったく。
さて、仕事(の準備)するか。
posted by ちるる at 20:36| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

[境界例][パンドラ]‘境界例=ストーカー’の危険性。

なんだか傷口に塩を塗るような話題ですが。

全員が↑こうなるわけじゃないのですけどね。わたしも最近そのような批判を受けたことがあったし、事実そう取られても仕方のないところがありました。こちらにも言い分はもちろんあります。ですが、こちらの悪かった点については謝ったつもりです。

過去にそういう言われ方をしたことがある人は、メールにせよ電話にせよ、人とコンタクトを取るのにおびえてしまうことがあります。また同じことが起きるのではないかと思って。実際、何とかできないかと連絡先を教えてもかたくなに拒否する患者さんもいました。よほどいやな目にあったんでしょうね。

ここから、ついでですので患者さんとの接し方について書いておきますが、「電話は○時ころにして」「相談はメールにして」「忙しいからしばらく返事できないけど気にしないでね」など、親しい友達なら、こういう風にいつでも応対できるわけではないことを教えてあげる。

逆に、縁を切りたいならすっぱり言ってあげたほうが親切。重いメールに疲れた、面倒見切れないとかいろいろ言いようはあるでしょう。それで引き下がる人も一部にはいます。正直に言ったほうが通じます。

以前は、ワイドショーで「境界性人格障害はストーカー化することがあり」と有田さんあたりが言っているのを聞いてしまうと、一日気分が滅入ったものです。この文章は誰かを責めるために書いているつもりはありませんが、要するに安易な一般化は危険だということです。

posted by ちるる at 20:07| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

[DV]もしも調停がうまくいかなかったら。

にしまーさんのところで紹介されてますが、「離婚裁判」という本が出ました。すっごく欲しいんだけど、夕べCD自爆をしてしまったので、代わりに図書館で買ってもらいます。そのほうがみんなの役にたつしね。

で、結局買うんだろうな(苦笑。

わたしも「このまま行くと裁判」と調停員から脅しか?っていうようなこと言われましたし、なぜかぶちきれた相手側から「裁判起こして何百万円も取ってやる」と言われました。冷静に考えて、支払能力のないものにそれは無理です。

posted by ちるる at 07:43| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

[精神科救急]富山県のシステムはタコである。

わたしの頭がおかしいのかもしれないが、そう実際おかしいのだが、うちの家族もほぼ全員おかしい。「今日は調子がいい」とかなんかで表示すれば?とか。それができりゃあ苦労しませんよ。首から下げればいいかな?カードかなんか。さぞかしかっこいいだろうよ。

近所の大学病院まで連れて行くのは忙しいからダメといった別の家族は、選抜を見ていた。家を出るなら出ていって欲しいそうだ。で、明日には忘れているんだよね。言ったこと自体。

そして壊れたわたしがかけた救急電話は、例によって名無し。治療をうけるたってな、レ○○ミン何錠も飲んでる人間が運転できるわけないっしょ。家族がこの有様だし。そうすると相談窓口に回すという。その人が全く話が聞けないのだ。人の受診先だけ聞いて、自分のところは言わなくていいらしい。で、こちらの話が全く聞けない。口挟んでばっかりで会話にならない。こういうやつが給料もらっているのか?マジでか?こういう話ならわたしの方がまだ聞けるぞ。

あと、どういう理由があっても迷惑とか言うな。わたしは仕事上、そういうケースにあっても本人やご家族に「迷惑」と言ったことは一度もない。覚えている限り。

結論。精神科救急情報センターはタコであるから、二度と使わない。障害者で年収ひと桁であるわたしが、何度も電話代を使う必要はない。特に県庁にシステム改善要求なんてしなくていいいい。ったく、死 ね ば い い の に。

posted by ちるる at 21:12| 富山 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

[精神的DV]調停の戦い方。

●まず、記録をつける。何をされたか、何を言われたか、わたしは別居後の記録を掲示板にパスワードかけてつけました。辛いことが多いので、記憶が飛んでる場合が多いのですよね。時系列もめちゃくちゃになるし。この日記は復活させたいのですが、どうせ移転後のサーバがあるんだしどうしたものか、って悩んでいます。

●弁護士さんを複数当たる。無料相談は、数年前の時点はうーん、だった。今は認知度が上がっているから分かんない。で、弁護士会の「犯罪被害者救済制度」を適用してもらう。弁護料がただになる。そこに上の記録を持っていく。

●その弁護士さんにあとはおまかせするのがベター。

●もう調停始まっている人とか、自分で出る人はそれでもいいけど、弁護士さんのサポートはやはり必要。いかに好印象を与えるかは難しい。やはり上のような記録や診断書、収入状況、いろいろ持っていって切々と訴えるしかない。子供がいると被害者側(女性と仮定して)は有利なはず。

加害者側の気持ちは考えてもしかたがないので、考えない。わたしもさんざん悩みましたが、なんかそういう人増えてますね。人の気持ちが分かんないって人。くたばれっつーの。

●恐らく精神的に相当壊れてて、体の調子もおかしくなったりしてるはずなので、家裁にその旨伝えて、必要なときは調停をお休みできる。雅子様の例と同じだけど、精神的にまずい場合、朝起きて動いてみないとどうなるか分かんない点が多い。

調停で決まったことは覆すことはできません。裁判判決とほぼ同じ。なので、「ちょっと待った!」ってときは再考するか意地でも帰る(逃げる)しかないでしょう。わたしは引き留められて素直に従ったため、再考する暇がなかったので。部屋で待っていると、結構消えちゃう人多いんですよね。わたしはなぜか訴えられた側です。「家事能力のない妻は必要ない」とか言われましたし。

●おそらく、離婚することだけで精一杯という人が多いだろうけど、財産分与というものがある。内容は「離婚の本」のエントリで書いた。 この時効は2年間です。再調停を起こすには上のような方法で、法的扶助(弁護士会に聞いてみてください)の適用を受ければよい。 自分が矢面に立てば立つだけ傷つくので、弁護士さんにおまかせした方がいい。
posted by ちるる at 08:59| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

[DV]NHKドラマ「ブルーもしくはブルー」。

NHKで今再放送してます。以前、自分の置かれている状況も分からず、こわーとか言いながらHCとこれを見ていました。笑いながら。原作の方がもっと怖いです。 写真のみ。多分当事者の方が見ていると思うので。

4041970024.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

posted by ちるる at 21:58| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

[パンドラ]障害者自立法回りについて。

poster_ishikawa.jpg

怒っていたら自分が適用を受けることになってしまったが、まあ最初は実はショックだった。かなり。一晩寝て、「なんだわたしってば障害者の人差別してるじゃん」と。

で、なってみて分かったシステムの仕組み。
・身体障害者の審査は週1回、精神障害者の場合月1回。

・身体障害者はJR等の運賃が半額になるが、精神障害者の場合「療育手帳」を持たない人はダメらしい。今厚労省では32条以外にも精神保健法を改正する動きがあるらしい。

・挙げ句の果てに、何を混乱しているのか、発行日とされている日が窓口によって違う。3/1だと思っていたら4/1だった。わたしの仕事でそれをやったら首切られますけど。それでもペナルティ受けないお役所の一部の人、いいなあ。

ということで、この法律については一本化されるのも悪くないかも、と既に障害者扱いに(一部)なっているわたしは思うようになった。改革によっては腹の立つものもあるが。なので、医者に行くと良く署名の紙がおいてある。ほぼ全部にサインしている。

posted by ちるる at 17:04| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

[離婚本]損しない傷つかない離婚の本。

離婚で損しない、傷つかないなんてムリですが、これを読んでいれば多少は楽。精神的DVに関する記述あり。大事なページだけ挙げときます。図書館にリクエストすれば買ってくれるかも?

損しない傷つかない離婚の本

品薄なので、楽天ブックスにもリンク。bk1にもない。損しない傷つかない離婚の本

p126より

DVの場合考慮される要素
・精神的虐待や暴力の状態・程度
・暴力に至った経緯
・継続性・回数
・被害の程度・障害
・後遺症の程度
・状態解消の努力の有無
たしかp134だったかに、具体的な財産分与の対象となるものが書いてあります。 結婚している間は、たとえ夫の稼ぎが大きくても、すべてが夫婦の共有財産となります。

・保険解約返戻金(離婚時に保険を解約したら戻ってくるお金)
・家具
・営業上の財産(一緒に仕事をしていると、非常にめんどくさいみたい。わたしがいい例)
・ペット 法律上はもの扱いです。
調停のやり方については、もうちょっとこの本に書かれている以上のコツがあるのですが、ちょっと腕が疲れたので。

posted by ちるる at 11:29| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。