アォ!ボタン

2006年02月28日

[Music]パトリック・ガロワ。

パトリック・ガロワ(Fl:東西ドイツのあった頃の録音を含む)を貸して頂く。なんか、トリルのやり方教えてと頼まれているので。ガロワはうろ覚えだけど貴公子とか呼ばれていたし、あんまり聴いたことはなかったんだけどすごい。選曲が似ているものが下のリンク。Victorのトップページは勝手に音楽が鳴るのでうざいから。ライバルであったはずのランパル(両方フランス人)の演奏はCDとか持ってるし、覚えてないけど演奏も聴いたことある。これはどっちもすごい。ランパルは亡くなったけど、ガロワはどうなのかな。「タイスの瞑想曲」が特に素晴らしかった。高い音を細ーく出すのって難しいのです。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A002073/-.html

フルートは大人が始めてもある程度は吹けます。高校で後輩教えたけど、「この子は上にいっちゃうな」って分かるときもありました。ま、楽しければいいわけで。

呼んでもらった数少ない結婚式で、何かかにかやることになってしまっていて、内容をさっぱり覚えていない。フルートは金管よりよほど肺を使うので(息が半分に別れることで音が鳴る仕組みなので)、伴奏がないとブレスの位置がバレバレで非常にきつい。花嫁さんはその辺気を使って上げてください。

続き読む?


posted by ちるる at 20:50| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

[ジェンダー]コメントより編集。

全然不毛じゃなくなってしまったのですが、面白いのでジェンダーに関する部分だけ編集しました。

ジェンダーという言葉は、18年近く前でしょうか、NHK杉田敏氏の「ラジオビジネス英語」で知りました。ガラスの天井とか、TOBとかもう用語が出てました。それと前後して海外に行ったときは、イミグレーションの紙には「ジェンダー」とは書いてなかった記憶があります。sexだったと。



>大体、女性がとか言う時点で既にカテゴリ化してるわけですが。

だって女なんでしょ?女は、「話の中味の是非」ではなく「話している人への好き嫌い」で判断しがちでしょう。あなたも今まさしくそうでしょう。

私はそれが悪いとか、だから女はダメだとか全く思いません。女と男にはそういう傾向の違いはあるんで、だから、女の人が「どんな人が見ているかわからない場で、この種の共感を広く求めるのはキツイものがあります」って書いただけですよ。

それがカテゴライズになるんだとか、それが嫌だとか言うんだったら、あなたが議論をきちんと「話の中味の是非」でやればいいことです。

Posted by 芥屋 at 2006年02月11日 13:10

「女だから」と言われるのが大嫌いな
女性がいるのもお忘れなく。つーか、ほぼ全員じゃないですか?一部は真逆に走ってますけどね。

Posted by ちるる at 2006年02月11日 23:23


>「女だから」と言われるのが大嫌いな女性がいるのもお忘れなく。つーか、ほぼ全員じゃないですか?一部は真逆に走ってますけどね。

だから何なのです。好き嫌いの話にしているのはあなたでしょう。

Posted by at 2006年02月12日 00:45

(ここで双方落ち着く)

全然不毛じゃなくなってしまったので、だれかオチをつけてください、とbogusnewsさん辺りに振ってみるテスト。

#蛇足:特に理工系の女性は「女のくせに」と言われながら育ってますから、脊髄反射的に嫌悪感を出します。なのに筋立てて考える癖がついていて、その辺が「自分って何?」の混乱の元。わたしがそのいい例。そもそも、文系理系という区別をしている国って他にあるのかしら?
Posted by ちるる@で、 at 2006年02月16日 10:18

はじめまして。芥屋さんの弟分でJosefと言います。

>そもそも、文系理系という区別をしている国って他にあるのかしら?

芥屋さんの掲示板で以前そういう話をしたことがあります。たぶん明治期に西洋の学問を短期間に取り入れようと文系・理系に分かれて役割分担したのでしょう。今は中国も取り入れているようだから、日本だけじゃないと思います。

ともあれ、女が理系に向かないなんて根拠はまったくないでしょう。

Posted by Josef at 2006年02月17日 18:13

Josefさん、はじめまして。

レス書きながら寝てしまったので書き直し。

「せめて女性と書いて〜」と書いてたら、「男社会で生きていくためには女を捨てなきゃなら
ないことがあって」と自己矛盾してしまいましたorz。

アンチジェンフリの学校教師が「最新の脳科学によると」と「男脳・女脳」を出してきたの
にはのけぞりました。わたしはそのテストでは真ん中です。地図が何とかというあの本です。
あの本が出たの、5年は前でしょう。

「女、女というな。うれしくなってしまうではないか」―オスカル・フランソワ(うろ覚え)
Posted by ちるる at 2006年02月19日 09:02

>Josefさん

>はじめまして。芥屋さんの弟分でJosefと言います。

嘘を言わないように。私もいいトシですが、Josefさんよりよほど年下のはずですがw

>ちるるさん

>特に理工系の女性は「女のくせに」と言われながら育ってますから、

長谷川眞理子先生も、そのような述懐をされていました。

>脊髄反射的に嫌悪感を出します。なのに筋立てて考える癖がついていて、その辺が「自分って何?」の混乱の元。

ちるるさんの今回の私への対応は筋道立った思考とは言えず、その点ではまさに女の人らしい反応なのであって、私はそれを女らしいと思うけど、そのように言われては、ちるるさんはすごく嫌だと思ったのでしょう。

それはさて置き、女子が(いわゆる)「理系」に向かないいう「印象」は、えてして女子は男子のように「筋立てて考える」ことが苦手だという印象によるものでしょう。

これは、「理系は筋道で考える」「文系は筋道では考えない」という印象によるものかなぁ、とか考えちゃいました。女子と男子というより、理系と文系がそういうものであるということはないと思うのですが。

ただ、いわゆる「文系」の分野、とりわけ史学や法学において、筋道もなにもない、いい加減な論理が「学問」の名において堂々とまかり通っているのも事実ですからね。理系の人から見て「あれで学問と言えるのか」というのは、言われても仕方ないでしょう。日本では「文系」のレベルって低いんじゃないか、私はそう感じてます。

Posted by 芥屋 at 2006年02月20日 20:55

>「せめて女性と書いて〜」と書いてたら、

「女」「男」ではなく「女性」「男性」という言い方についてですが、明治に[gender]という英語を翻訳する際に、「男の性質とされるもの」「女の性質とされるもの」の意味で「男性」「女性」という翻訳語を作ったのはご存知でしょうか。

世間的(社会的)に、「男の性質」「女の性質」と認識されているのものがgenderなのですから、それを指して「男性」「女性」としたのは名訳なのです。しかしいつしか、「男」「女」という直接的な言い方をヤンワリと上品に言う言葉に変わりました。

そして、現代では「男性性」「女性性」という言葉もジェンダー学では用いますね。何だか馬鹿らしい。

男、女、でいいではないか、と私は思います。
Posted by 芥屋 at 2006年02月20日 21:40
まとめてレスします。

文系のレベルが低いかも、という話には同感できる部分もあります。個人的主観で通っちゃう場合もあるでしょうし。

理系だと、実験一発通らないとそもそも卒論(または修論、D論)が出せません。サンプルの量が少なすぎて、実験が1回しかできない場合とか。わたしの場合もそうでした。それに専攻によっては肉体労働ですから。

卒業式の3/25の3日前まで35枚のペーパー(多い方です)を書いていました。可哀想なのは薬学部の子で、今はどうか知りませんが、卒業したあとに資格試験があるのです。落ちると就職はパーです。

今回、わたしが感情的な反応をしたのは、交通事故の直後で極度の混乱状態にあったことが原因でしょう。DVの再現がパワーアップしてやって来ました。

・交通事故(しかも今回は加害者になってしまった!)+怒鳴る人にパニくる。
・しばらくしてから、10分単位で記憶が飛びました。

つい「被害者」を「加害者」と言っちゃうことが良くありました。

まあそういうわけで、あとは「メメント」のレビューで書きます。
Posted by ちるる at 2006年02月21日 00:23

「メメント」て、どこっすか?
Posted by 芥屋 at 2006年02月22日 22:56

これから書きます。あと、ジェンダーの話は別エントリを立てた方が良さそうなので、思案中。
Posted by ちるる at 2006年02月23日 09:29
---------------
追記。わたしも可愛いものは好きですよ。こんなのとか。

LOVEアクセサリー!木の実ヘアゴム楽天へリンクしてます。



あと、「女子」とか言って、女を磨く!の方向に極端に走っている人たちもいます。面倒くさくて最近見てませんが。
posted by ちるる at 07:57| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

[本]うさぎの本。

うさぎの本
楽天へリンクしてます。

野生うさぎの生態を詳しく書いた仕掛け絵本。大人が読んでも面白い。とうぜん、天敵であるいたちさんも登場します。

北海道当たりのユキウサギは頭がいいらしく、突然足跡を消すんです。雪の上で。同じ間隔でバックし、それから方向転換し、目くらましをしてるわけ。追っかけてきたキツネは「???」なわけ。

posted by ちるる at 21:59| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの本&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

[雑談]カメラが見つかった。

電子機器を中古で売れるのが3/31日までなので、それまで何とかしようっと。マルチカメラなのでいまいちなんですよね、使い勝手。ズームないし。ビデオカメラとしては使えるが。あと、親の骨董品もののカメラを渡してもらって何とか撮れるようにするつもり。

で、下から見上げたいたちの顔。

20051211_1.jpg
posted by ちるる at 22:46| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[マンガ]「金と銀のカノン」

広島出身の宮脇明子作。3巻まである。古書で買った方が手っ取り早いみたい。楽器を弾く人、音楽に興味のある人はにはオススメ。ミステリーというか何というか、怖い話。この人はホラーも書いてる。

財閥のお嬢様である容子と、家庭環境が最低の真澄が偶然出会ったことから話が始まる。2人ともピアノ弾き。容子は真澄の才能を認め、自分のうちにおいてあげることにした。そして、一緒に音楽学院(高校)に通うのだけど、真澄はピアノで認められるためなら手段を選ばない人間であることが明らかになってくる。演奏が素晴らしいのに。

というような筋。脇役も含めて無駄がない、と思う。3回くらい読んだかな。

posted by ちるる at 08:08| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの本&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

[いたち]寝言。

寝言をくくくく言いながら寝ているのだが、たまに返事をすると、寝言の返事が返ってくる。

はて、カメラはどこへ行ったのだろう……。もうちょっとシャレになってないのは免許証なのだけど。大事にしまっておいた結果、行き先が分かんなくなることもあるし。

取りあえず修理費用のめどはついた。下に書いてある後遺症は、当然のごとく保険ではカバーされない。わたし、一見病気持ちに見えないからね。

今日は朝から遊んであげるか。昨日テニスボールを30円で買ったことだし。

posted by ちるる at 08:23| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいたち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

[映画]メメント。

CinemaTopicsより、紹介ページの抜粋。長い。

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=77

10分という短時間の記憶しか保てないため、犯人を追いながら、何度も新しい選択の場面に立たされる主人公。映画の時制をいったんバラバラにし、モノクロとカラー映像を使い分けながら、見事に物語を再構築していく斬新なスタイル。パソコンにも通じる記憶のメカニズムを、繊密に、魅惑的に映像化し、31才の気鋭の監督が新時代の幕開けにふさわしい新世紀映画を作り上げた。ニューメディアで育った世代らしいゲーム感覚を持つ革新的映画の誕生。
《10分前の記憶が消えてしまう!ポラロイド写真のメモと全身のタトゥーを手がかりに、妻殺しの犯人を追う男》
愛する妻をレイプされた後に殺され、そのショックで前向性健忘という珍しい記憶障害になってしまうレナード。彼は10分しか、記憶を保てないのだ。街で出会った謎の女ナタリーに助けられ、ポラロイド写真にメモを書き、体中に暗号のようなタトゥーを彫ることで、事件の真相をつかもうとする。
犯人のキーワードはジョン・G。このイニシャルを持つ人物を追うレナード。だが、謎を追えば追うほどに、さらなる謎が深まる。ジョン・Gという男は、どこにいるのか?
誰の言うことが、いったい、本当なのか?

ということで、後の方にかなり詳しいプロットが載ってますが、これくらい知っておかないと話が分からなくなること間違いなし。わたしもかなり忘れてたし。精神科系に興味がある人は見ておいた方がいい。

DVで逃げた直後に1回(かなり長く続いた)、最近パワーアップしてもう1回この状態になりました(怒鳴る被害者+交通事故の今度は加害者になってしまったショック)。記憶障害をロマンチックなものと考える人には、実際どんなものか知って頂くために是非オススメ。

とくに、韓国恋愛ものや「博士の愛した公式」を他人事・感動ものとしてとらえる方々には。 さらに、もっとぐちゃぐちゃなイギリスものがあるそうですが、友達に題名を聞いておきます。

posted by ちるる at 19:45| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの本&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[富山の食]ゲンゲ、食べた。

・ゲンゲは煮込むか天ぷらがいいらしい。たまにスーパーに売っているので、煮込みにしてもらった。確かにコラーゲンが多そう。父は苦手だというが、わたしはおいしかった。

・鳥野菜味噌は富山の冬の定番。と思ったら、まつやって石川の会社なんだ。他社も出してるんじゃないのかな。

http://www.toriyasaimiso.jp/products.html

posted by ちるる at 06:48| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

[いたち]ロミオの青い空 リターンズ。

たまたま見てたら、なかなかシリアスな内容なんだなあ。どうもこのいたちはオコジョっぽい。で、エンディングでぴょんぴょん飛んでいるんだけど、まさかここまでは飛べないと思うよ……。オコジョはなかなか見たことがある人少ないようですが、上下に飛ぶんでしょうかね。

ネネはご飯ももりもり食べるようになって、太ってきてます。昨日から全開で走り回ってます。

posted by ちるる at 20:40| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいたち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

[Music][パンドラ]Love & Hate(2)

実は書いてる本人、結構年末に参りました……。書いたまま忘れてましたわ。

HMV.jpに全部サンプルがあります。先方は直リン困るそうなので、トップページから探して下さい。あ、でも画像はもらっちゃったけど(笑。

When Love and Hate Collide/Def Leppard (Vault)歌詞リンク

ドラマーは身体障がい者。片手と片足だったかがない。しかも飛行機事故で1人死んじゃったし。根性がすごいとは思っていたのだけど。

曲の内容は、彼女に電話するとガチャ切りされちゃうため、壁かなんかに書いた番号を見ながら、必死に自分を抑え電話を待っている。一緒にいないとダメなのに、会うとケンカになるよう(ありがち?)。

いやあ、ライヴで聞いちゃいましたよ。唯一アコースティックドラムを使っているらしい"Slang"は結構好き。評判悪いけど。

むしろ悲しげな曲を2曲あげておく。
Where Did You Sleep Last Night/Nirvana(MTV Unplugged in New York) 彼女が 一晩帰ってこなかった、悲しい悲しいって歌(歌詞リンク)。フランシスちゃんは何歳になったんだろうか、と思ったのが5年ほど前。たぶん成人してるな。遺書の入った伝記本を持ってますけど読めてない。

My Favorite Mistake/Sheryl Crow(Globe Sessions)。2番目の女になっているのを分かっていながらどうすることもできない。題名はかなりはしょって「ダメな男が好き」つーか、男の選択間違えてるけどでもいいの、みたいな意味かな。(歌詞リンク)。結婚したそうで、末永くお幸せに。

この人も私生活がおそろしく大変だったらしいし。あと、"If It Makes You Happy"はこの話題からはそれてるかもですが、名曲です。解釈なんてなんとでもなるしなぁ。わたしはうまくつかめませんね。

他に何かご存じの方、教えてくださいね。あ、これもそうだった!ってのを思い出し、また忘れた。邦楽だと中島みゆき当たりにありそうですが……(なぜか20代前半に「わかれうた」を歌っていた自分→バカ)。

posted by ちるる at 20:30| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

[ふしぎ社会]北国新聞社さんとお話ししたこと。

別口で用があって広報課に連絡をしたのですが、著作権に関しては最近厳しいようで。ああだこうだいっていた矢先、kazanoさんの島清エントリの話を思い出し、ついでに教えてあげました。通院で良く前は通ってるんですがね。

皆さん目の前にパソがあるので、すぐに確認できるわけですね。「あ、ほんとだ書いてある。へええ」と場が和み、そういえば要約すればOKじゃないですか、と話がまとまりました。

で、昨日だったかのコラムに、screammachineさんのところで話題にした北陸三県の警察ジャーゴンの話が載っていて。あららこれは偶然なのかしら、と。ネットではその日のしか載ってないので、もうどっかに消えたかも。

本でいうと、これです。富山でも、トーハンのe-honサイトでも 売っています。
31617078.jpg
新頑張りまっし金沢ことば(→トーハンへのリンク)
加藤和夫/監修
出版社名 北国新聞社(←わはは)
出版年月 2005年11月

本情報を探していると、またもや変換スクリプトが!
その名も 変換してみまっし
http://www.interq.or.jp/dragon/rocchi/kanazawa/henkan.html

金沢方面トップページは みまっし 金沢 勝手に金沢弁に変換してくれる掲示板などあり。更にトップをたどってみると、管理人さんは引っ越し先の地名で変わった経験をなさっているそう。

で、話は戻ってスクリプトですが、口語体の方が変換しがいがある。書き言葉では今のところ無理そう。

別口で用があって広報課に連絡をしてんけどぉ、著作権に関しては最近厳しいようで。ああだこうだいっていた矢先、kazanoさんの島清エントリの話を思い出し、ついでに教えてあげてんて。通院で良く前は通ってるんですがね。

皆さん目の前にパソがある、ほやさけぇすぐに確認できるわけやがいね。「あ、ほんとだ書いてあれんて。へええ」と場が和み、そういえば要約すればOKやがいや、と話がまとまってんて。

蛇足ですが、語尾に確認の意味で「〜〜げん?」とか女子高生が良く喋ってますが、「あれは違う!」という金沢出身者もいます。もうこうなったらエンドレスですね。

posted by ちるる at 17:49| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[いたち]ネネ、また毛玉を詰まらせる(解決済)。

昨朝なんかネネの様子が変で、ご飯要らないっていうし、そういやウンチョスも最近あんまり出てなかった。余裕がなくて気づいて上げられなかった。遊ぼうとはするんだけどね。

体重は-300g。ちっちゃい箱に閉じこめてキッチンはかりで量ると便利。箱あると自動的に入るし。日曜日、しかもいつもの獣医さんは出かけるとおっしゃるし。取りあえず、最近愛用しているマグヌードルの空き容器でふやかしご飯を作る。しばらくすると大きい固いのが出て、ふやかしご飯を食べるようになった。同時に2軒目の獣医さんにも相談。

バイトを買いに行きたかったのだけど無理。なぜって、その日家族内ゲンカが3発程度あったから。こっちも風邪が治らないし(気持ちで負けてるせいなのは分かってる)。しまいに制御不可能になった。いまは回復したので大丈夫です。

夜になって、ネネは固形のご飯をカリカリ食べるようになった。今朝は水もごくごく飲んでいる。だけど、もうちょっと太るまで走らせるのは止め。今日体重測ったら+50g。すごいな、1日で。何が詰まっていたのかを調べるため、お医者さんに聞いて、よーく洗って探してみたら、でっかい毛玉だった。出てきて良かったねぇ。

フリースで新しいハンモック作ったのだけど、雨降りで暗いのでまたの機会に。割と簡単だったよ。手縫いでも作れる。いまもぐって寝てます。

posted by ちるる at 14:40| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいたち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

[ねこ]足跡は語る。

親情報ですが、近くの白黒ちゃんが来たのかな?犬が匂いを嗅いでいったのかな?

夜明けが7時近くですし、カメラがショボイので写真がないのが残念です。

BGM:Foo Fighters "One by One"(やっと買い直した)
posted by ちるる at 06:09| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいたち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

[パンドラ」境界例――混沌からの秩序(6)

ちゃんとした医療系ソースより。言っておきますが、わたしは医師ではありません。 管理人体調かなり悪い(事故以来フラッシュパック、PTSDのような症状で精神的ダメージがひどい)ですが、前から温めていたエントリなので書かせて頂きます。


転移 同義語:感情転移

フロイトS.Freudによって記載された精神分析用語.過去の本人にとって重要な人物,ことに幼児期における両親に対する欲動,感情,態度が治療状況で治療者に向けられる現象をいう.過去の人に向けられたものの再現であるので,治療者に対して本来,不釣合で非現実的な内容と特徴とをもっている.過去の人に向けられたものにしても,程度が誇張されていることが常である.

そこに出現したものが,信頼,尊敬,依存,あこがれ,愛情であれば陽性転移positive transferenceといい,逆に不信,軽蔑,反発,嫌悪,敵意であれば陰性転移negative transferenceという.陽性転移のとき,一般には治療がすすみ,陰性転移のときは停滞するのがふつうである.ただ,陽性転移も強くなりすぎて恋愛転移になると治療目的を失い,欲求が治療者に受け入れられぬと陰性転移に変化する.逆に陰性転移もそのような礼節をわきまえない態度にでながら治療を中断しないのは治療者に内心期待があるからである.したがって,陽性転移といい,陰性転移といっても本来アンビバレントで変化しやすいものである.

ふつうの神経症は転移が起きるので転移神経症transference neurosisといわれ,これに対し精神分裂病*は転移が生じないので自己愛神経症narcissisticneurosisといわれた.しかし,今日では精神分裂病でも性質は神経症の場合と異なるが転移が起きるといわれる.転移の性質と起源について解釈により洞察することが精神分析の治療目標となる.治療とは関係なくふつうの人間関係でも転移は生じる.ただ,日常の人間関係は相互の対等なやりとりの中で発達するので,治療状況のように転移をより純粋にみることはできにくい.


あんまり付け加えることはないのですが、「大嫌い」と「大好き」、または「100%味方」と「100%敵」を行ったり来たりするのです。自分でやらかしたのも、自分自身が壊されたのも経験済。

続き読む?
posted by ちるる at 18:06| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいたち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

[お花]捨てておけない。

この頃、見切り品の鉢植えやお花に弱い。テストがてら「まだ生きてるじゃん!」てのを確かめたいのだと思うのです。自分をそれに重ねあわせてるのかも。

バラだけではないですが、乾かせるものはドライにしてリースの原料にしたり、写真のように水に浮かべて楽しみます。なんか100円ショップで水盤ってないかなあ。

IMGA1483.jpg
posted by ちるる at 16:53| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハナ ト ミドリ ノ ニッキ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

リストカットに関する不毛な議論。

mascra.dot.orgさんで続いてる不毛な議論について。

芥子の花の汁を売ってるとかいうかたへ:DV関連エントリを書くことについては、こやつナンパだな、と思ったやつに事情を話してすーっと引いていくのを楽しむとか(笑。ちょっと読んだだけで文句言うなよ。アホか!大体年齢層、役職の見当は付きます。会社でもこんなに説教臭いんですかね。余計なお世話だけど、既に嫌われてるんでは?

大体、女性がとか言う時点で既にカテゴリ化してるわけですが。うちにも情報を求めてお客さんが来られますが、男性被害者もメールアドレス出してないです。

管理人さんがアホらしいのも最も。そういや、わたしはフックなどを針金買って自作するのですが(すぐできるよ)、なんか指をぷすっと刺してしまった。「あ、血だ」その時、何となく生きるためにリストカットする人の気持ちが分かる気がしました。

リストカットを深くやっても、切れるのは動脈ではなく静脈なので大したことにはなりにくい。1000ml出血した患者さんがいたが、死ねなかったそうです。神経間違って切っちゃうと大変ですよー。少なくとも傷は隠さない方がいいですね。だれか心配してくれると思うよ。

関連エントリ:「自殺」辺りでサイト内検索してみてください。検索ワードにちらほらあります。

posted by ちるる at 08:05| 富山 ☔| Comment(19) | TrackBack(0) | パンドラノハコ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

[音楽]自爆してしまいました。

クラシックではモーツァルト「レクイエム」、ランパル(Fl)演奏の「シランクス」(なんと1000円!)。あと、広島から脱走したので、荷造りも自分でできず、適当に詰められたかなんかでダメになった大事なCD2枚をリカバリ。"OK Computer"のこともあろうに"Karma Police"が消えてました。それとFoo Fighters "One by One"。

Soft Cell関係でいらしてる方、どうもありがとう。ラジオでもなかなかフルではかかりません。"American Pie"がたしか6分くらいで、これはわたしの聞いてる限りフルでかかってることがありましたが、なぜか「天国への階段」はOKのようです。

続き読む?
posted by ちるる at 21:38| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[いたち]鉢を掘られた。

今度掘られたのは、軽トラではなくて、あったかいところの植物。暖めるために魚屋でもらった発砲発泡スチロールに入れ、毛布を掛けてあげてる。

昔穴掘ってた生きものだし、喜ぶ喜ぶ。庭の土触らせると。で、味を占めて今度は鉢なわけ。

で、体の調子だけどまあまあです。「事故も2度目なら〜」ですね。過失割合は100%ですが。一応関連の診療科には行っておきます。どうやら椅子の材質が腰痛のガンのよう。多分クッションで何とかなる。

posted by ちるる at 00:31| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいたち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

[シャレにならん]事故った。

今日某国道を走っていたところ、前の車にオカマを掘ってしまった。彼らは「赤だから止まっただけ」と言い張るが、結構ブレーキ急だったよ。女だから分からんと思っているのだねえ。被害者も富山県警も。富山県警は、これも後出しじゃんけんで保険会社から言ってもらおう。事故前後の記憶がないのは当然なのに、「どうして」「寝てたの?」って責めるし。けーさつ。まさか(Nさん、早速情報が役に立ってしまったorz)。

レッカーしてもらう前に壊れている部分を見たら、ぶっ壊れた部分から考えるに、わたしは衝突を避けようとハンドル切っている。加害者、おっと被害者は色々うるさいんで言ったよ。「もうちょっと言い方考えてください。以上」ったく、頓服飲む暇くらい与えてくれよ。

わたしは現在、精神障害者手帳申請中。年末くらいから色々ゴタゴタがあってぶっ壊れだして、とどめが「そーか、そーか」による営業妨害。「カルト」と「セクト」の区別も分からんタコに何を言うんですか。ウイルスで仕事メールアドレスダウンしたし、まあ証拠はないけどIPは押さえてあるよ。別に、ここがばれても全然こわかないんですよ。医者と間違えるなんで、どじっ子ちゃんだね。最悪、自分に火をつけて乗り込むくらいのことは考えかねません。なぜって?お得意の「非公式ルート」で調べたら?

「もしかしてここ、痛いかも」って場所、既に2か所はある。経験者なので冷静だけど。なので、サイト移転はぼちぼちやります。

posted by ちるる at 22:36| 富山 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

[更新記録]生きてますのでご心配なく。

ちょっとネットから離れたかったり、躁が入って大変だったりしたので、ちっと距離を置いておりました。

いろんなものがどっかに行っちゃう状態で、まだ落ち着いてないかもなんですが、移転先の設定なんかも何らかの陰謀でデータがメールソフト上から消えたので一時どっかに行ってまして。今日か明日に設定だけはできるかも。そんなことより明日のご飯、なんですがね。

そうそう、あとテンプレートでかなり迷った、ってのもありましたね。どうしよ。

posted by ちるる at 21:41| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。